コネクタ第一電子工業 (DDK)

CM10 シリーズ(D) タイプ 2芯 


フジクラ/Fujikura第一電子工業/DDKROHS対応品

CM10 シリーズ(D) タイプは、黒色三価クロメート処理を施し、RoHS 指令対応のコネクタです。
ワンタッチで嵌合が出来るプッシュオン・ターンオフ方式を採用した小型・丸形防水タイプです。
プラグコネクタを押し込むだけの操作で容易にロックされ、離脱時はカップリングリングを回転する事により、
ロックが解除されます。
従って、ケーブルが引っ張られる等、不慮の外力が加わった場合でも、嵌合が外れる心配がありません。
 又、金属シェルの採用による堅牢な構造と、バックシェル、クランプナットを軽金属、樹脂とすることで、
小型軽量で防水性を兼ね備えており、各種電気電子機器への用途が広がります。

10芯タイプはこちら      金属シェル(D6)タイプはこちら


特長


外形寸法

ストレートプラグアングルプラグ適合ケーブル外径
CM10-SP2S-S-D(R1)CM10-AP2S-S-D(R1)φ 4.0 .φ 6.0
CM10-SP2S-M-D(R1)CM10-AP2S-M-D(R1)φ 6.0 .φ 9.0
CM10-SP2S-L-DCM10-AP2S-L-Dφ 9.0 .φ 11.6

CM10(D) 2芯 ストレートプラグ

第一電子工業(DDK) 丸形コネクタ CM10 シリーズ(D) タイプ 2芯 ストレートプラグ 図面

CM10(D) 2芯 アングルプラグ

第一電子工業(DDK) 丸形コネクタ CM10 シリーズ(D) タイプ 2芯 アングルプラグ 図面

CM10(D) 2芯 レセプタクル

第一電子工業(DDK) 丸形コネクタ CM10 シリーズ(D) タイプ 2芯 アングルプラグ 図面



ラインナップ

※購入する数量によって単価が変わります。
在庫表記 : 在庫表記即納 : 在庫表記3日~4日: 在庫表記約1週間: 在庫表記別途問合せ :在庫表記在庫なし

2芯 ストレートプラグ

品名 仕様  MOQ  在庫 1ヶ~
CM10-SP2S-S-D(R1)1
¥4052
(税込 ¥4457.2)
数量
CM10-SP2S-M-D(R1)1
¥4052
(税込 ¥4457.2)
数量
CM10-SP2S-L-D1
¥4052
(税込 ¥4457.2)
数量

2芯 アングルプラグ

品名 仕様  MOQ  在庫 1ヶ~
CM10-AP2S-S-D(R1)1
¥4606
(税込 ¥5066.6)
数量
CM10-AP2S-M-D(R1)1
¥4606
(税込 ¥5066.6)
数量
CM10-AP2S-L-D1
¥4734
(税込 ¥5207.4)
数量

2芯 レセプタクル

品名 仕様  MOQ  在庫 1ヶ~
CM10-R2P-D(D7)1
¥2060
(税込 ¥2266)
数量

2芯用コンタクト

品名 仕様  MOQ  在庫 1パック以上
CM10-#22SC(C3)(D8)-100100個入
¥4185
(税込 ¥4603.5)
数量
CM10-#22SC(S2)(D8)-100100個入
¥4185
(税込 ¥4603.5)
数量
CM10-#22SC(C4)(D8)-100100個入
¥4277
(税込 ¥4704.7)
数量

※2019年6月以降~ROHS2対応品名(末尾に(R1)付き)に順次変更していく製品がありますのでご注意下さい。
  従来品及びROHS2品の指定がある場合は、お見積り時・ご注文時にご記載頂くようお願い致します。

※表示価格は、税抜単価(カッコ内は税込単価)です。
※大量ロットでの購入を希望される方はお気軽にご相談下さい。


10芯タイプはこちら      金属シェル(D6)タイプはこちら



関連製品

D/MS3101Aシリーズ(ケーブルレセプタクル)
D/MS3102Aシリーズ(ボックスレセプタクル)
D/MS3106Aシリーズ(ストレートプラグ)
D/MS3106Bシリーズ(ストレートプラグ / 分割シェル)
D/MS3108Bシリーズ(L型プラグ / 分割シェル)
D/MS3057シリーズ(ケーブルクランプ)
D/MS25042/25043シリーズ(チェーン付きキャップ)
CE01-1Aシリーズ(ケーブルレセプタクル)
CE01-2Aシリーズ(ボックスレセプタクル)
CE01-6Aシリーズ(ストレートプラグ)
CE3057シリーズ(防水ケーブルクランプ)
CE-BS-DSシリーズ(防水ストレートバックシェル)
CE-BA-S-Dシリーズ(防水アングルバックシェル)
CE05シリーズ各種(D/MSコネクタ互換)
D/MS(190)シリーズ各種(D/MSシリーズ防水・防滴タイプ)

※CE01シリーズ コネクタ組み合わせ図はこちら