■

クリップとは

クリップは、エレクトロニクス分野で使用される小型の機械的デバイスで、
電子回路の構築やテストにおいて、一時的な接続や固定に利用されます。これらのデバイスは、
部品の接続や固定、回路のテストといった多様な場面で活躍し、
エレクトロニクス製品の開発からメンテナンスまで幅広く使われています。


クリップの主な種類


テストクリップ

電子回路のテストポイントに一時的に接続するために設計されています。これにより、メーターやオシロスコープでの測定が容易になります。

ヒートシンククリップ

ヒートシンクを半導体デバイスに固定するために使用され、適切な熱管理を実現します。

ケーブルクリップ

配線を整理し、所定の位置にケーブルを固定するために使用されます。

ジャンパークリップ

電子回路内で一時的に接続を作成するために使われ、様々なテストや設定変更を容易に行うことができます。


クリップの選定ポイント




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
クリップ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る