エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品

ヒートシンク とは / Heat Sink 


■

ヒートシンクとは

ヒートシンクは、電子デバイスからの余分な熱を効率的に放散させるために使用される部品です。

電子部品が発する熱を大気中に逃がし、部品の温度を適切な範囲内に保つことで、性能の低下や故障を防ぎます。
主にアルミニウムや銅などの熱伝導率が高い材料で作られ、放熱性能を高めるためにフィンが設けられています。
アルミニウムヒートシンクやファン付きヒートシンクなど、様々な形状やサイズがあり、使用する電子部品や設置環境に応じて選ばれます。


ヒートシンクの種類と特徴


アルミニウムヒートシンク

熱伝導率が高く、軽量でコストパフォーマンスに優れたヒートシンクです。
一般的な電子部品の放熱に広く使用されています。

ファン付きヒートシンク

アクティブ冷却機能を持つヒートシンクで、ファンを組み込むことで強制的に空気を流し、
放熱効果を高めます。高熱発生部品やコンパクトな空間での使用に適しています。


ヒートシンクの選定ポイント







注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ヒートシンク





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る