エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他

計測器 とは / Measuring Instrument 


■

計測器とは

計測器は、電気、温度、重量などの物理的な量を測定するために設計されたデバイスです。

科学研究、工業生産、日常生活における診断作業など、幅広い分野で使用されます。
高精度電子はかり、デジタルマルチメーター、温度計、サーモグラフィ、クランプメーター、絶縁抵抗計、検電器など、
多岐にわたる種類があります。


主な計測器の種類と用途


高精度電子はかり

非常に正確な重量測定が可能で、実験室や工業用途において精密な計量が求められる場所で使用されます。


デジタルマルチメーター

電圧、電流、抵抗といった電気的な量を測定する多機能デバイスで、電子工作から産業メンテナンスまで広く利用されます。


温度計・サーモグラフィ

温度計は特定の点の温度を測定するのに対し、サーモグラフィは画像として温度分布を視覚化します。どちらも建築、医療、研究分野で重宝されます。


クランプメーター

電線に直接触れることなく電流を測定できる安全なツールで、電気工事やシステムのトラブルシューティングに使用されます。


絶縁抵抗計

電気設備の絶縁状態を測定し、安全性の確認に役立つ重要なツールです。


検電器・テスター

電圧の有無を簡単にチェックできる手軽なツールで、電気工事や家庭での小さな修理作業に便利です。



計測器の選定ポイント



注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
計測器





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る