エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他

マイクロコントローラボード とは / Microcontroller Board 


■

マイクロコントローラボードとは

組み込みプロジェクトやIoT(Internet of Things)デバイスの開発に広く利用されるコンパクトなコンピュータシステムです。
ArduinoRaspberry PiESP32 など、多様なボードが存在し、それぞれに特化した機能や利点があります。


主要なマイクロコントローラボードの比較


ボード名 プロセッサ メモリ 入出力ポート 特徴
Arduino Uno ATmega328P 2KB SRAM Digital I/O: 14
Analog Input: 6
初心者向け
豊富なシールドとライブラリ
Raspberry Pi 4 Broadcom BCM2711
Quad core Cortex-A72
2GB/4GB/8GB LPDDR4 GPIO: 40ピン
HDMI, USB, Ethernet
高性能、多機能
LinuxベースのOS
ESP32 Tensilica Xtensa LX6 520KB SRAM Digital I/O: 34
Analog Input: 18
Wi-FiとBluetooth内蔵
低消費電力

マイクロコントローラボードの選定ポイント




プロジェクト開始前に、目的に最適なマイクロコントローラボードを選ぶことで、開発プロセスがスムーズに進みます。
また、複数のボードを組み合わせて使用することで、より複雑なプロジェクトも実現可能になります。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る