エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他

無線モジュール とは / Wireless Module 


無線モジュールとは

無線モジュールは、無線信号を用いてデータ通信を行うための装置で、異なる種類の無線技術を実装しています。

これらは、物理的な配線が困難または不可能な環境での通信、あるいは機器間の柔軟な接続を可能にします。
主にWi-Fi、Bluetooth、ZigBee、LoRaなどの技術があり、それぞれ特定の用途や特性に適しています。


無線モジュールの主な種類と特徴


Wi-Fiモジュール

高速なデータ転送が可能で、インターネット接続が必要な機器に広く使用されます。
スマートホームデバイスやセキュリティシステムなど、幅広いアプリケーションに対応しています。


Bluetoothモジュール

低エネルギーで短距離の通信に適しており、スマートフォンとの連携やポータブルデバイスに最適です。
ウェアラブル機器やヘルスケア製品など、個人使用向けのアプリケーションでよく利用されます。


ZigBeeモジュール

低消費電力で、センサーネットワークや家庭自動化に適しています。
照明制御、エネルギー管理など、複数のデバイスを統合するシステムで広く使用されます。


LoRaモジュール

長距離通信が可能で、都市や田舎を問わず、広範囲に渡るセンサーデータの収集に適しています。
スマートシティ、農業、環境監視など、IoTアプリケーションでの使用が増えています。


無線モジュールの技術比較


技術 通信範囲 データ速度 消費電力 主な用途
Wi-Fi 数十メートル 高速(Mbps〜Gbps) インターネット接続、ストリーミング
Bluetooth 数メートル〜数十メートル 中速(1Mbps〜数Mbps) 中〜低 個人用デバイス、オーディオ伝送
ZigBee 数十メートル 低速(数百kbps) 非常に低 センサーネットワーク、家庭自動化
LoRa 数キロメートル 低速(数kbps) 長距離センサー通信、スマートシティ


無線モジュールの応用事例


無線モジュールは、スマートウォッチの通知機能から、
農業での土壌湿度監視システム、都市部での公共交通機関のリアルタイム追跡システムまで、
非常に多岐にわたるアプリケーションで使用されています。その適用性は、継続的な技術革新とともに、日々拡大しています。


無線モジュールの選定ポイント




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
無線モジュール





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る