エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | コンデンサ

アルミニウム電解コンデンサ とは / Aluminum Electrolytic Capacitor 


■

アルミニウム電解コンデンサとは

アルミニウム電解コンデンサは、大容量と高耐圧性を備え、電力供給回路や平滑化用途に主に使用されるコンデンサです。
このコンデンサはアルミニウム箔と電解液を使用した構造で、
電源回路や信号処理回路など多くの電子機器で重要な役割を果たします。


動作原理


陽極のアルミニウム箔上に形成される薄い酸化アルミニウム層を誘電体として利用し、
これにより高い耐電圧下でも大きな電気容量を得ることができます。
コンデンサ内部に用いられる電解液が、この容量をさらに増加させます。


アルミ電解コンデンサのメリット



アルミ電解コンデンサの種類



アルミ電解コンデンサの応用例


アルミ電解コンデンサは、電源ユニット、LED照明、オーディオ機器、PCのマザーボード、
電気自動車の制御システムなど、多岐にわたる電子機器に利用されています。
大容量でコストパフォーマンスに優れているため、電子回路の重要な部品として広く採用されています。


アルミ電解コンデンサの選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
コンデンサ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る