エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | ヒートシンク

アルミニウムヒートシンク とは / Aluminum Heat Sink 


■

アルミニウムヒートシンクとは

アルミニウムヒートシンクは、電子デバイスからの余分な熱を効率的に放散させるために使用される部品で、
特にアルミニウムを材料として使用しています。

アルミニウムは熱伝導率が高く、軽量であり、さらにコストパフォーマンスにも優れているため、
放熱性能を高めるためにデザインされたフィンとともに、電子部品の温度管理に広く利用されています。
その形状やサイズは多岐にわたり、使用される電子部品や設置環境に応じて最適なものが選ばれます。


アルミニウムヒートシンクの特徴


高い熱伝導率

アルミニウムは熱を効率良く伝えることができるため、放熱性に優れています。


軽量性

アルミニウムは軽量でありながら強度も保つことができるため、
電子デバイスの重量増加を最小限に抑えることができます。


コストパフォーマンス

優れた放熱性能を持ちながらも、コスト面で有利なことから、
広範囲のアプリケーションでの使用に適しています。


加工の容易さ

アルミニウムは加工しやすい材料であるため、様々な形状に加工することができ、
特定の用途に合わせたカスタマイズが可能です。


アルミニウムヒートシンクの選定ポイント


熱抵抗

アルミニウムヒートシンクの放熱能力を示す重要な指標です。
使用する電子部品の発熱量に応じて、必要な熱抵抗値を持つヒートシンクを選ぶことが重要です。


サイズと形状

ヒートシンクを設置する空間の大きさや形状に合わせて選ぶ必要があります。
また、フィンの配置や数も放熱効果に影響しますので、考慮することが必要です。


冷却方法

自然空冷のみで対応できる場合はパッシブタイプのヒートシンクを、
より高い放熱効果が求められる場合はファン付きなどのアクティブタイプを選ぶことをお勧めします。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ヒートシンク





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る