エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | コネクタ

基板上コネクタ とは / Board Mounted Connector 


■

基板上コネクタとは

基板上コネクタは、プリント基板(PCB)上で使用される電子部品を
互いに電気的に接続するためのコネクタです。
データや電力の伝送を可能にし、モジュール間の通信や電源供給に不可欠な役割を果たします。


基本原理


基板上コネクタは、金属の接点を用いて電気信号や電力を伝達します。
これらの接点は、プラグとソケットの形式で互いに物理的に接続され、安定した電気接続を提供します。
設計によっては、簡単に接続・分離が可能なものから、永久的な接続を提供するものまで様々です。


基板上コネクタの特徴


多様性

基板上コネクタは、ピン数、形状、サイズ、耐電圧、耐電流といった面で多種多様な選択肢があります。


信頼性

信号の損失が少なく、高い耐久性と信頼性を備えています。
また、振動や衝撃に対しても強い設計がされているものが多いです。


使いやすさ

ユーザーの要求に応じた接続方式を選択でき、簡単な取り付けやメンテナンスが可能です。


基板上コネクタの主な種類


種類 特徴 用途
ヘッダーとソケット ピンヘッダーと対応するソケットで構成。簡単に接続・分離が可能。 基板間の一時的な接続、プロトタイピング
ボード・トゥ・ボード 基板同士を直接的に接続するためのコネクタ。 密集した電子機器内でのスペース節約
ワイヤー・トゥ・ボード 電線を基板に接続するためのコネクタ。 電源や信号線の基板への給電・接続


基板上コネクタの選定ポイント



基板上コネクタの応用例


基板上コネクタは、消費者向け電子機器、自動車、産業機械、通信機器、医療機器など、
幅広い分野で使用されています。
これにより、機器内部での電気的な接続の信頼性と柔軟性が大きく向上しています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
コネクタ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る