エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | 抵抗器

セメント抵抗 とは / Cement Resistor 


セメント抵抗とは

セメント抵抗は、耐熱性と耐湿性に優れ、高電力アプリケーションに適した抵抗器です。
セメントや特殊セラミックスによる包装で抵抗素材を保護し、熱を効率的に放散する設計が特徴です。
この堅牢性により、産業機器や電源回路などの厳しい環境でも使用されます。


基本原理


その基本原理は、セメントやセラミックス材料が抵抗素材を囲み、
熱放散を促進することで、高電力下でも安定性を保つことにあります。
これにより、外部環境からの物理的保護も実現しています。


セメント抵抗のメリット



セメント抵抗の種類



セメント抵抗の応用例


セメント抵抗は、産業機器や電源回路など、厳しい環境下での使用に適しており、
高電力を必要とする様々なアプリケーションで利用されています。


セメント抵抗の選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
抵抗器





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

[ 関連情報 ] 抵抗器ってなに?

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る