エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | LED

チップLED とは / Chip LED 


■

チップLEDとは

チップLEDは、小型の発光ダイオードで、主に表面実装技術(SMT)によって電子基板に実装されます。

高輝度、低消費電力、長寿命を特徴とし、様々な色で製造されるため、
表示装置、照明、装飾、信号灯など幅広い用途で使用されます。
コンパクトなサイズにも関わらず、優れた光出力を提供するため、
スペースが限られたアプリケーションに特に適しています。


基本原理


チップLEDは、半導体のpn接合が電流を受けると光を発する現象(電界発光)を利用しています。
電流が流れる方向(順方向)に接続されたときにのみ光を発し、
電流の流れを制御することで光の強度を変えることが可能です。


チップLEDの特徴


特性 説明
高輝度 小さなサイズでも高い光出力を実現。
省エネルギー 従来の光源に比べて消費電力が低い。
長寿命 平均寿命が数万から数十万時間に及ぶ。
豊富な色彩 赤、緑、青など多種多様な色が利用可能。


チップLEDの種類


種類 説明
標準チップLED 一般的な用途に使用される基本的なタイプ。
高輝度チップLED より高い光出力が必要な照明や表示用途に適している。
多色チップLED 単一のチップで複数の色を発光可能。
色変更が求められる装飾や表示に適している。
赤外線チップLED 赤外線光を発光。
リモートコントロール、セキュリティ、医療機器などに使用。
紫外線チップLED 紫外線光を発光。殺菌、硬化処理、
分析機器など特殊な用途に使用。
サイドビューチップLED 側面から光を放出。狭いスペースや
側面表示が必要なアプリケーションに適している。
フラッシュチップLED 高輝度で瞬間的に光を放出。
スマートフォンのフラッシュやシグナルライトに使用。


チップLEDの選定ポイント



チップLEDの応用例


チップLEDは、モバイル機器のバックライト、自動車のダッシュボード、交通信号、広告看板、
室内外照明など、様々な分野で利用されています。
また、医療機器やセキュリティシステムなど、特定の波長の光が必要な高度な用途にも使用されます。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
発光ダイオード(LED)





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る