エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他 | 計測器

クランプメーター とは / Clamp Meter 


■

クランプメーターとは

クランプメーターは、導体を切断することなく電流を測定するための計測器です。
導体をクランプメーターの開口部に挟み込むことで、非接触で電流値を計測できます。

この計測器は、電気工事、メンテナンス、システムのトラブルシューティングにおいて
重要な役割を果たし、直流および交流の両方の電流を測定できるモデルがあります。


クランプメーターの基本機能


電流測定

非接触で導体を通る電流を安全に測定できます。


電圧測定

導体の電圧レベルを測定し、電気設備の状態を把握できます。


連続性テスト

回路が適切に接続されているか、断線がないかを確認できます。


クランプメーターの主な特徴



クランプメーターの使用上の注意





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
計測器





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る