エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | コネクタ

同軸コネクタ とは / Coaxial Connector 


■

同軸コネクタとは

同軸コネクタは、同軸ケーブルを使用して電気信号を伝送するためのコネクタです。

高周波信号の伝送に適しており、テレビ、無線機器、インターネット接続など、
幅広いアプリケーションで使用されています。

このタイプのコネクタは、信号の損失を最小限に抑えることができ、外部からの干渉に強いという特徴があります。
そのため、高品質な信号伝送を要求される用途で頻繁に採用されています。


同軸コネクタの特徴


信号の保護

同軸コネクタは、同軸ケーブルと組み合わせることで、信号を外部のノイズや干渉から保護します。
この特性により、長距離の伝送でも信号品質を維持することが可能になります。


多様な形状とサイズ

同軸コネクタには、BNC、SMA、N型など、様々な形状とサイズがあります。
それぞれの形状とサイズは特定のアプリケーションや周波数範囲に適しており、
使用する環境に応じて適切なタイプを選択することが重要です。


耐久性と信頼性

同軸コネクタは、機械的な強度と耐久性に優れており、厳しい環境条件下でも確実な接続を提供します。
また、繰り返しの接続・切断にも耐える設計がなされています。


容易な取り付け

多くの同軸コネクタは、ツールなしで簡単にケーブルに取り付けることができるよう設計されています。
これにより、現場での取り付けや修理が容易になります。


同軸コネクタの選定ポイント



同軸コネクタの応用例


同軸コネクタは、テレビのアンテナ接続、無線通信システム、ネットワークインフラ、
ラボ設備での測定器接続など、多岐にわたる分野で使用されています。
特に、高周波数を扱うアプリケーションにおいて、その性能と信頼性が高く評価されています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
コネクタ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る