エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | 水晶デバイス

水晶振動子 とは / Crystal Oscillator 


■

水晶振動子とは


水晶振動子は、人工水晶(SiO2)を使用して作られた電子部品で、
その精密な振動特性により、電子機器におけるタイミングや周波数の制御に不可欠です。

この部品は、時計やコンピュータ、携帯電話、無線機器など、精密なタイミング制御が求められる多くのデバイスに組み込まれています。


基本原理


水晶振動子の動作原理は、人工水晶圧電効果を利用しています。
圧電効果により、水晶に電圧をかけると定期的に振動し、この振動は非常に安定しているため、
正確な時間計測や周波数の基準として、電子機器の性能と機能性を支える基盤となっています。


水晶振動子の特徴



水晶振動子の種類と特性比較

種類 周波数範囲 安定性 適用例
ATカット 1MHz〜200MHz 高い 一般的な電子機器、無線通信
BTカット 低周波数 時計、低周波数タイマー
SCカット 1MHz〜100MHz 非常に高い プレシジョンタイミング、衛星通信


水晶振動子の選定ポイント




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
水晶振動子・水晶発振器(タイミングデバイス)





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

[ 関連情報 ] 水晶振動子ができるまで

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る