エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | コネクタ

D-subコネクタ とは / D-Sub Connector 


■

D-subコネクタとは

D-subコネクタは、「D型サブミニチュア」コネクタの略称で、
特徴的なD字型の金属製シェルを持つ一種の電気コネクタです。

パーソナルコンピュータ、通信機器、ネットワーク機器など、
幅広い電子機器において、データ通信や信号伝送のインターフェースとして使用されてきました。

D-subコネクタは、その堅牢な設計と信頼性の高い接続性から、初期のコンピュータ技術で広く採用され、
今日でも産業機器や一部のコンピュータ機器で使用され続けています。


D-subコネクタの特徴


多様なピン配置

9ピン、15ピン、25ピン、37ピンなど、用途に応じたさまざまなピン配置があります。


高い信頼性

金属製シェルとロック機構により、物理的な強度と安定した接続を提供します。


汎用性

RS-232C、VGA接続など、データ通信や映像出力に広く使用されています。


容易な取り付け

ねじ固定式のロック機構により、ツールを必要とせず確実に固定できます。


D-subコネクタのバリエーション


標準D-sub

最も一般的なタイプで、コンピュータのシリアルポートやパラレルポートに使われています。


高密度D-sub

ピン間隔が狭く、同じサイズでより多くのピンを持つことができるため、コンパクトなデバイスに適しています。


組み込みD-sub

プリント基板(PCB)上に直接はんだ付けで取り付けることができるタイプです。


D-subコネクタの応用例



D-subコネクタの選定ポイント




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
コネクタ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る