エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | リレー

有接点リレー とは / Contact Relay 


■

有接点リレーとは

有接点リレーは、電気信号によって機械的に接点を開閉することで回路を制御するデバイスです。

電磁コイルに電流を流すことで生じる磁力を用いて接点を操作し、
低電力の信号で高電力の負荷をコントロールします。
そのシンプルな構造と信頼性の高さから、産業機器や家電製品、自動車など、幅広い分野で利用されています。


基本原理


有接点リレーは、コイルに流れる電流によって発生した磁力を利用して、
一組または複数組の接点を物理的に開閉します。
この動作により、制御回路(コイルを流れる回路)と
負荷回路(接点を通じて制御される回路)の間で電気的な隔離が実現されます。


有接点リレーの特徴


電気的隔離

制御信号と負荷回路が物理的に隔離されているため、ノイズの影響を受けにくく安全性が高まります。


高負荷制御

小さな制御電流で大きな負荷を制御できるため、エネルギー効率が良いです。


耐久性と信頼性

適切な使用条件下では、長期間にわたり安定した性能を維持します。


有接点リレーの応用



有接点リレーの選定ポイント


耐電圧と耐電流

使用する回路の電圧と電流に耐えられるリレーを選定する必要があります。


動作速度

応用に必要な開閉速度を満たすかどうかを確認します。


使用環境

使用する環境条件(温度、湿度、振動など)に適したリレーを選ぶことが重要です。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る