■

ESP32とは

ESP32は、Espressif Systemsによって開発された低コスト、
低消費電力でWi-Fi及びBluetoothを内蔵したマイクロコントローラのチップセットです。

この強力な32ビットマイクロコントローラは、IoTデバイスの開発に最適で、小型でありながら高性能を実現しています。
ArduinoやRaspberry Piと同様に、ESP32もまた、ホビイスト、教育者、プロの開発者によって広く使われています。


ESP32の特徴


統合されたWi-FiとBluetooth

ESP32はWi-FiとBluetoothの両方をサポートしており、IoTデバイスをインターネットに簡単に接続できます。


強力なCPU

デュアルコアTensilica LX6マイクロプロセッサを搭載し、最大240MHzで動作することができます。


豊富なGPIOピン

デジタル入出力ピン、アナログ入力ピン、SPI、I2C、UARTなど多様なピンを備え、
さまざまなセンサーや周辺機器を接続できます。


低消費電力モード

バッテリー駆動にも適しており、ディープスリープモードによって消費電力を大幅に削減できます。


ESP32の応用

その汎用性の高さから、ESP32は多様なプロジェクトや製品で使用されています。


ESP32のバリエーション

ESP32にはさまざまなモデルがあり、使用するアプリケーションに応じて選択できます。
例えば、ESP32-WROOM-32、ESP32-WROVERなどがあり、各モデルはメモリ容量や機能面で異なります。
特定のプロジェクト要件に最適なモデルを選ぶことが可能です。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る