エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | ヒートシンク

ファン付きヒートシンク とは / Fan Heatsink 


■

ファン付きヒートシンクとは

ファン付きヒートシンクは、電子デバイスからの余分な熱を効率的に放散させるために使用される部品で、
アクティブ冷却機能を持っています。内蔵されたファンにより強制的に空気を流すことで、
放熱効果を高めることができます。

特に高熱を発する電子部品や、限られた空間内での熱管理が必要な場合に適しており、
効果的な温度管理により電子部品の性能維持や寿命延長に寄与します。
ファンの速度を調整することで、冷却効率と騒音レベルのバランスを最適化することも可能です。


ファン付きヒートシンクの特徴


強化された放熱効果

ファンによる強制空気流通で、放熱性能が大幅に向上します。


温度管理の最適化

ファンの速度調整により、使用状況に応じた温度管理が可能です。
これにより、電子部品の性能を最大限に引き出すことができます。


多様な用途への対応

高熱を発する部品や狭いスペースでの使用にも適しており、
様々な環境での温度問題を解決します。


カスタマイズ可能性

ファンの大きさや回転速度、ヒートシンクの形状など、
用途に応じてカスタマイズすることが可能です。


ファン付きヒートシンクの選定ポイント


放熱要件

使用する電子部品の発熱量を考慮し、適切な放熱能力を持つファン付きヒートシンクを選定することが重要です。


サイズと形状

設置する空間の大きさや形状に合わせて、ファン付きヒートシンクを選ぶ必要があります。
また、エアフローの最適化を考慮することも大切です。


騒音レベル

ファンの騒音が問題になる場合は、低騒音設計のファン付きヒートシンクを選ぶか、
騒音レベルと冷却能力のバランスを考慮することが必要です。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ヒートシンク





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る