エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電気部品 | 電気部品 その他

ヒューズ とは / Fuse 


■

ヒューズとは

ヒューズは、過剰な電流が流れた際に回路を保護するために設計された安全装置です。
電流が設定値を超えると、ヒューズ内の導体が溶断し、
自動的に回路を開いて電流の流れを遮断します。

この一時的な切断により、回路や接続された機器が過負荷や短絡から保護されます。
ヒューズは、その使用される環境や必要とされる保護レベルに応じて、
さまざまなサイズや定格で製造されています。


基本原理


ヒューズの基本的な機能は、内部にある熱に敏感な金属線(ヒューズ線)が、
過剰な電流によって発生する熱で溶けることにより、回路を物理的に開くことです。
このプロセスは、回路内の電流がヒューズの定格値を超えた時にのみ発生し、即座に回路を遮断して機器を保護します。

ヒューズの特徴


即時反応

ヒューズは過剰電流を瞬時に検知し、迅速に回路を遮断します。


簡易性

構造が単純であり、追加の電源や制御装置を必要とせずに動作します。


コスト効率

比較的低コストで製造可能であり、広範なアプリケーションでの使用に適しています。


ヒューズの種類



ヒューズの選定ポイント



ヒューズの応用例


ヒューズは、家庭用電気製品、産業機械、自動車、電力網など、
あらゆる電気が使用される場所で見られます。

短絡や過負荷から機器を保護し、火災のリスクを低減するために重要な役割を果たしています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ヒューズホルダー・ヒューズ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る