エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | クリップ

ヒートシンククリップ とは / Heat Sink Clip 


■

ヒートシンククリップとは

ヒートシンククリップは、電子部品や半導体デバイスに取り付けられるヒートシンクを固定するためのクリップです。
これらのクリップは、ヒートシンクを安定して部品に固定し、熱を効率良く放疇することを目的としています。

ヒートシンククリップの使用により、ヒートシンクの取り付けが簡単になり、ネジやその他の固定具を使う必要がなくなるため、組み立て時間の短縮と生産性の向上に貢献します。
また、適切な圧力でヒートシンクを固定することで、熱伝導効率が最適化され、電子部品の冷却性能が向上します。


ヒートシンククリップの特徴



ヒートシンククリップの選定ポイント



ヒートシンククリップの応用例


ヒートシンククリップは、特にCPUやGPU、パワートランジスタなどの高熱を発生する電子部品の冷却に使用されます。
また、LED照明や電源モジュール、通信機器など、幅広い電子機器の熱管理にも活用されており、
効果的な冷却を実現するために不可欠なコンポーネントの一つです。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
クリップ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る