■

ICソケットとは

ICソケットは、集積回路(IC)チップをプリント基板(PCB)に取り付けるために使用されるコネクタです。

ICチップを直接はんだ付けする代わりに、ICソケットを介してチップをPCBに物理的に接続します。
これにより、ICの取り外しや交換が容易になり、テスト、デバッグ、または将来のアップグレードが可能になります。
ICソケットは、コンピュータのマザーボード、通信機器、産業用コントローラなど、
多様な電子機器において重要な役割を果たしています。


ICソケットの主な特徴

特徴 説明
取り外し可能 ICチップをはんだ付けせずに取り付けるため、
必要に応じて簡単に取り外しや交換ができます。
チップの保護 直接はんだ付けすることなくチップを取り付けられるため、
過熱による損傷リスクを減少させます。
柔軟なテストとデバッグ 開発プロセス中にICを容易に交換できるため、
テストやデバッグが効率的に行えます。
多種多様なタイプ DIP、PGA、SOPなど、異なるICパッケージタイプに
対応する多様な形状があります。


ICソケットの選定ポイント


ICパッケージのタイプ

使用するICチップのパッケージタイプに適合するソケットを選択します。
一般的に、DIP・PGA・SOP)などがあり、それぞれのパッケージ形状には特定のソケットタイプが必要です。


ピン数

ICチップに必要なピンの数に合致するソケットを選びます。
ピン数はソケットの物理的な寸法と直接関連し、ICチップの機能性と性能に影響を与えます。
正確なピン数のマッチングにより、安定した電気的接続が保証され、ICチップのすべての機能が適切に利用可能になります。


サイズと形状

プリント基板(PCB)のスペースと配置に合わせて、最適なサイズと形状のソケットを選択します。
PCBのレイアウトによっては、限られたスペースに適合するコンパクトなソケットが必要になる場合もあります。


ICソケットの応用例





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ICソケット





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る