エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他 | 計測器

絶縁抵抗計 とは / Insulation Resistance Tester 


■

絶縁抵抗計とは

絶縁抵抗計は、電気設備や電子部品の絶縁状態を測定するための計測器です。
特定の電圧を絶縁体に印加し、その際に流れる微小な電流を測定することで、絶縁体の抵抗値を計算します。

この計測器は、電気設備の安全性を確認したり、経年劣化による
絶縁性能の低下を検出したりするのに不可欠で、特に電気工事や保守点検時に広く使用されています。


絶縁抵抗計の基本機能


絶縁抵抗測定

電気設備や配線、電子部品の絶縁抵抗値を測定します。


電圧測定

測定対象の絶縁体に印加する電圧を調整し、適切なレベルでテストを実施できます。


測定範囲の選択

絶縁体の種類や使用環境に応じて、測定範囲を選択できるモデルがあります。


絶縁抵抗計の主な特徴



絶縁抵抗計の使用上の注意





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
計測器





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る