エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | LED

LED数字表示器 とは / LED Numeric Display 


■

LED数字表示器とは

LED数字表示器は、数字や一部の文字を表示するためにLEDを使用する電子デバイスです。
これらのデバイスは、通常、セグメントと呼ばれる複数のLEDから構成されており、
それぞれが個別に制御されて特定のパターンで点灯します。

LED数字表示器は、デジタル時計、計算機、測定器具、電子機器のユーザーインターフェースなど、
情報を直接的かつ明瞭に伝える必要がある多くのアプリケーションで広く使用されています。


基本原理


LED数字表示器の基本的な構造は、7セグメント、14セグメント、
16セグメントのディスプレイから構成されることが一般的です。

7セグメントディスプレイでは、7つのLEDバーを組み合わせて数字や限られた文字を表示します。
各セグメントは個別に制御可能で、特定の数字や文字を形成するために選択的に点灯させることができます。
複雑な文字を表示する必要がある場合は、14セグメントまたは16セグメントディスプレイが使用され、
より多くのセグメントによって細かい表示が可能になります。


LED数字表示器の特徴


高い視認性

明るく鮮やかな表示が可能で、遠くからでも容易に読み取れます。


省エネルギー

LEDは低消費電力で運用でき、長期間にわたって安定した性能を提供します。


長寿命

LEDは耐久性が高く、長時間にわたって使用することができます。


カスタマイズ性

表示する内容や色、明るさなどをカスタマイズできるため、多様な用途に対応可能です。


LED数字表示器の種類


種類 説明
7セグメントディスプレイ 7つのLEDセグメントを使用して数字を表示。最も一般的なタイプ。
14セグメントディスプレイ 14のLEDセグメントを使用して、数字およびアルファベットの大部分を表示可能。
16セグメントディスプレイ 16のLEDセグメントにより、さらに複雑な文字や記号の表示が可能。

LED数字表示器の選定ポイント



LED数字表示器の応用例


LED数字表示器は、デジタル時計、温度計、カウンター、電子レンジのタイマー、ガソリンスタンドの価格表示板、
スポーツ競技場のスコアボードなど、日常生活のさまざまな場面で見ることができます。

また、産業用機器や医療機器での状態表示、情報案内板など、
情報を直接的かつ効率的に伝える必要がある場所で広く使用されています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
発光ダイオード(LED)





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る