エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | LED

LEDランプ とは / LED Lamp 


■

LEDランプとは

LEDランプは、発光ダイオード(LED)を光源として使用する照明器具です。
伝統的な白熱電球や蛍光灯に比べて、高いエネルギー効率、長寿命、環境に優しい低炭素足跡を特徴とします。

LED技術の進化により、住宅照明、商業施設、屋外照明、特殊用途照明など、
幅広い分野での使用が可能になっています。
また、LEDランプは即時点灯が可能で、頻繁なオン/オフにも耐えることができ、
従来の照明技術と比較して優れた色再現性を提供します。


LEDランプの基本原理


LEDランプは、半導体材料を通過する電流によって光を発生させるLEDを使用します。
この半導体材料は、電流が流れることで電子が励起状態になり、元の状態に戻る際に光を放出します。
LEDは発熱が少なく、発光効率が高いため、消費電力を大幅に削減しながら明るい光を提供できます。


LEDランプの特徴


高いエネルギー効率

従来の照明器具に比べて、
より少ない電力で同等またはそれ以上の明るさを提供します。


長寿命

LEDランプは平均して25,000時間から50,000時間の寿命を持ち、
従来の照明器具よりもはるかに長持ちします。


環境に優しい

有害物質を含まず、発熱が少ないため、環境への影響が小さく、エネルギー消費を削減します。


優れた色再現性

色再現性が高く、対象の色を自然に見せることができます。


即時点灯

温まる時間がなく、スイッチを入れた瞬間からフルの明るさで点灯します。


LEDランプの種類


種類 特徴
指示用・信号灯用LEDランプ 機械のON/OFF状態や動作状況を示すために使用され、視認性の高い色と明るさを提供します。
一般照明用LEDランプ 住宅やオフィスなど、一般的な照明用途に使用されます。
直管型LEDランプ 従来の蛍光灯の代替として設計され、高いエネルギー効率を提供します。
装飾用LEDランプ 装飾的な目的で使用され、様々な色や形状が利用可能です。
スマートLEDランプ Wi-FiやBluetoothを通じてスマートフォンや音声アシスタントで制御できる機能を持っています。

LEDランプの選定ポイント



LEDランプの応用例


LEDランプは、家庭照明、オフィス照明、商業施設の照明、街路灯、庭園灯、看板照明、
展示会のディスプレイ、車両のヘッドライト、信号灯など、多岐にわたる用途で使用されています。
また、LEDランプの省エネルギー性と長寿命性は、エネルギー消費の削減と持続可能な環境に貢献しています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
発光ダイオード(LED)





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る