エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | LED

照明用LED とは / LED Lighting 


■

照明用LEDとは

照明用LEDは、光源として発光ダイオード(LED)を使用する照明装置です。
従来の白熱灯や蛍光灯に比べ、省エネルギーで長寿命、環境に優しいという特徴を持ち、
家庭照明、商業施設、屋外照明、特殊照明など、幅広い用途で利用されています。

LED技術は、優れた色再現性、即時点灯、低熱発生、調光可能性など、多くの利点を提供します。
また、LEDはコンパクトでデザインの自由度が高く、照明計画に革新をもたらしました。


照明用LEDの基本原理


照明用LEDは、半導体チップ上で電流を流すことにより光を発生させます。
この過程は電界発光と呼ばれ、電流が半導体材料を通過するときに光子を放出し、光が生成されます。
LEDの色は、半導体の材料とその構造によって決定され、赤、緑、青など、さまざまな色を生成できます。
これらの基本色を組み合わせることで、フルカラースペクトラムの光を作り出すことが可能です。


照明用LEDの特徴


エネルギー効率が高い

従来の照明技術に比べて消費電力が少なく、エネルギーを節約できます。


長寿命

LEDは25,000時間から50,000時間以上の使用寿命があり、頻繁な交換の必要がありません。


低発熱

熱放出が少ないため、照明器具や周囲の環境を過度に加熱しません。


環境に優しい

有害な物質を含まず、CO2排出量を削減します。


優れた色再現性

色の再現性が高く、自然光に近い照明を提供します。


照明用LEDの種類


種類 用途
LED電球 従来の電球型照明の直接的な代替品。
LEDダウンライト 天井や壁に埋め込み、方向性のある光を提供。
LEDパネルライト オフィスや商業施設での広範囲照明に適用。
LEDストリップ 装飾的な照明や間接照明に使用。
LEDスポットライト 特定の領域やオブジェク トを強調するために使用。

照明用LEDの選定ポイント



照明用LEDの応用例


照明用LEDは、家庭内照明、オフィス、商業施設、産業施設、屋外照明、道路照明、景観照明、
特殊用途照明(医療、美術館、スタジオ)など、幅広い分野で利用されています。
LED照明の多様性と柔軟性は、創造的なデザインとエネルギー効率の向上を可能にし、
照明の未来を形作っています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る