エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他 | 無線モジュール

LoRaモジュール とは / ZigBee Module 


■

LoRaモジュールとは

LoRaモジュールは、長距離で低消費電力の通信を可能にする無線モジュールです。
この技術は、都市部や農村部を問わず、広範囲に渡るIoTアプリケーションに適しています。


LoRaモジュールの特徴

LoRaモジュールは、以下の特徴を持っています:


LoRaモジュールの用途

以下のような多様な用途に使用されています:


LoRaモジュールのメリットとデメリット

メリット デメリット
広範囲にわたる通信が可能 データ転送速度は比較的遅い
電池寿命が長い セットアップが複雑になる場合がある


比較表:LoRaモジュールと他の無線技術


技術 通信距離 消費電力 適用範囲
LoRa 数km〜10km以上 IoTデバイスなど
Wi-Fi 数十m 家庭内、企業内ネットワーク
Bluetooth 数m〜数十m 低〜中 個人のデバイス間通信
ZigBee 数十m 非常に低 センサーネットワーク、家庭自動化




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
無線モジュール





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る