エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | IC

メモリIC とは / Memory IC 


■

メモリICとは

メモリIC(Integrated Circuit)は、情報を格納、保持、読み取り、書き込みするための集積回路です。
主にデジタルデバイスやコンピュータシステムで使用されます。


基本原理

メモリICは、電気的にデータを保持するための内部回路を備えています。
これにより、電源がオフになってもデータが保持されます。
読み取りや書き込み操作は、内部の回路構造によって制御されます。


メモリICの特徴



メモリICの種類

種類 特徴
RAM
(Random Access Memory)
データのランダムアクセスが可能で、
一時的なデータの格納に使用されます。
ROM
(Read-Only Memory)
読み取り専用メモリで、
プログラムやデータの永続的な格納に使用されます。
EEPROM
(Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory)
電気的に書き込み可能で、
再プログラムが可能な読み取り専用メモリ。
フラッシュメモリ 電気的に書き込み可能な非揮発性メモリで、
主にデータの永続的な保存に使用されます。

メモリICの選定ポイント




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る