エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電気部品 | ノイズ対策製品

ノイズフィルタ とは / Noise Filter 


■

ノイズフィルタとは

ノイズフィルタは、不要な信号やノイズを除去し、
電子機器の性能を保護・向上させるために使用される電子部品です。

電源ラインや信号ラインに発生する干渉ノイズをカットし、
機器間の相互干渉を防ぐことで、安定した動作を保証します。
多くの電子機器、通信機器、産業機器などで利用され、
特に高度な信号処理を要求されるアプリケーションで重要な役割を果たします。


基本原理


ノイズフィルタは、コイル(インダクタ)キャパシタを利用してノイズ成分を抑制します。
コイルは高周波ノイズに対して高いインピーダンスを示し、キャパシタは低周波ノイズをグラウンドへと流します。
これらの部品を適切に組み合わせることで、特定の周波数範囲のノイズを効果的に除去できます。

特に、Yコンデンサを使用する設計では、グラウンドに微小な電流が流れることがあり、これを漏洩電流と呼びます。
漏洩電流は安全規格によって制限されており、ノイズフィルタを選定する際には、その漏洩電流の値も重要な選定基準となります。


ノイズフィルタの特徴



ノイズフィルタの種類


電源ラインフィルタ

電源から供給されるノイズを除去し、電子機器への干渉を防ぎ、安定した動作を支援します。


信号ラインフィルタ

データ伝送ライン上のノイズを効果的に除去し、通信の信頼性と品質を大幅に向上させます。


コモンモードフィルタ

同相ノイズを抑制し、特に高速データ伝送における干渉を最小限に抑えるのに有効です。


ディファレンシャルモードフィルタ

差動信号のノイズを除去し、データ信号の品質を保ちつつノイズを低減します。


EMIフィルタ

電源ラインや信号ラインにおける電磁干渉を低減するために設計され、機器の性能を守りつつ、規制基準の遵守を助けます。


ノイズフィルタの選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ノイズフィルタ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

[ 関連情報 ] 電源ライン用ノイズフィルタとは

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る