エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | センサ

光センサ とは / Light Sensor 


■

光センサとは

光センサは、光の強さを電気信号に変換するセンサです。
環境の明るさを検出することで、照明制御、セキュリティシステム、自動化技術など
様々な分野で利用されます。


基本原理


光センサは、フォトダイオードやフォトトランジスタなどの光感応素子を使用し、
光を電流や電圧の変化に変換します。この変化を測定することで光の強さを知ることができます。


光センサの特徴



光センサの主な種類


フォトダイオード

光の強さに応じて電流が変化する半導体デバイスです。
高感度であり、光通信や光検出に広く用いられます。


フォトトランジスタ

フォトダイオードよりも高い感度を持ち、光によってベース電流が制御されるトランジスタです。
自動点灯システムなどに利用されます。


光電セル

光の存在下で電気を発生させる素子で、照度計などに用いられます。


光センサの選定ポイント



光センサの応用例


光センサは、自動ドア、照明制御、近接センサー、植物の成長管理システム、
デジタルカメラの露出制御など、幅広い分野で活用されています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る