エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電気部品 | 電気部品 その他

電源ケーブル とは / Power Cable 


■

電源ケーブルとは

電源ケーブルは、電力を電気機器へと供給するために使用されるケーブルです。

これには、家庭用のAC電源からデバイスまで電力を運ぶものや、
デバイス同士を接続して電力を分配するためのものなど、様々なタイプがあります。
特に、電子機器やコンピューター機器で使用される電源ケーブルは、
安全な電力供給を保証するための様々な規格に従って製造されています。

このような規格には、PL03B、EIAJ-2、EIAJ-3、EIAJ-4、EIAJ-5などが含まれ、
それぞれ異なる電圧レベルや接続端子の形状を規定しています。


電源ケーブルの規格


電源ケーブルの規格は、使用される環境や目的に応じて多岐に渡ります。
例えば、PL03Bは特定の小型機器用の電源ケーブル規格であり、一方でEIAJ規格は、
主にポータブル電子機器に使用されるDC電源プラグの形状と電気的特性を定義しています。


これらの規格は、機器間の互換性を確保し、安全に電力を供給するために重要な役割を果たしています。


ACアダプター用ACコードの規格

ACアダプターを使用する際には、適切なACコード(電源ケーブル)が必要です。
このコードは、壁の電源コンセントからACアダプターまで電力を供給し、デバイスの安全な動作を支えます。
ACコードには、使用国の電源規格に適合するプラグ形状と、適切な電流容量を持つケーブルが選ばれます。


例えば、北米では主にNEMA規格のプラグが使用され、
欧州ではCEE 7/16 (ユーロプラグ) やCEE 7/7 (シュコプラグ) が一般的です。
ACコードは、これらの規格に従った形状となっており、
アダプター側の端子も国際的に広く利用されているIEC 60320 C5やC7などに対応しています。


電源ケーブルの選定ポイント


規格の適合

使用する機器と国の電源規格に合ったケーブルを選ぶことが重要です。


電流容量

機器の消費電力に対して十分な電流容量を持つケーブルを選択します。


長さ

使用環境に合わせた適切な長さのケーブルを選ぶことで、配線の自由度が増します。


耐久性

特に移動が多い機器や厳しい環境下で使用する場合は、耐久性の高いケーブルが推奨されます。


電源ケーブルの応用例


電源ケーブルは、個人の家庭からオフィス、工場、学校、病院など、あらゆる場所で使用されています。
特に、IT機器、通信機器、医療機器、産業機器など、電力を必要とするほとんどの電子機器において、
安全かつ効率的な電力供給のために不可欠なコンポーネントです。


また、特定の規格に従った電源ケーブルの選択は、国際的な貿易や海外での機器使用においても重要であり、
グローバルな機器の互換性と安全性を保証します。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
電源ケーブル / プラグ付電源コード





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る