エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | トランジスタ

パワートランジスタ とは / Power Transistor 


■

パワートランジスタとは

パワートランジスタは、大電流や高電圧を扱うことができる半導体デバイスで、
主に電力のスイッチングや増幅に使用されます。

電力制御、スイッチング電源、インバーター、電動機のドライブ制御など、
エネルギーを効率的に管理し変換するための多岐にわたるアプリケーションに利用されます。
高出力を扱うことが可能であり、耐久性と信頼性が求められる環境での使用に適しています。


基本原理


パワートランジスタは、N型とP型の半導体材料を組み合わせて作られ、
小さな入力信号で大きな電流を制御することができます。
この制御機能により、電力のスイッチングや増幅が可能となり、
エネルギーの効率的な配分と変換を実現します。


パワートランジスタの特徴



パワートランジスタの種類と特性比較


ビポーラ型トランジスタ(BJT)

電流制御型のデバイスで、高い電力増幅率を持ちます。


電界効果トランジスタ(FET)

電圧制御型のデバイスで、高速スイッチングと低電力損失が特徴です。


絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT

BJTの高電流扱い能力とFETの高速スイッチングを併せ持つ、最も一般的に使用されるパワートランジスタです。


種類 制御方式 特徴 用途
BJT 電流制御 高い電力増幅率 アナログ回路リニア電源
FET 電圧制御 高速スイッチング、低損失 デジタル回路スイッチング電源
IGBT 電圧制御 高電流扱い能力、高速スイッチング インバータ、電気自動車の駆動システム

パワートランジスタの選定方法





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
トランジスタ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

[ 関連情報 ] トランジスタってなに?

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る