エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | スイッチ

プッシュスイッチ とは / Push Switch 


■

プッシュスイッチとは

プッシュスイッチは、ボタンを押すことで回路がONまたはOFFする操作を行うスイッチの一種です。
押す動作によって電気的な接点が閉じたり開いたりし、これにより電流の流れを制御します。

使用される環境や用途に応じて様々な形状やサイズ、機能を持ったプッシュスイッチがあり、
電子機器、産業機器、家庭用機器など、広範囲にわたって使用されています。


基本原理


プッシュスイッチは、内部に春などの復元力を持つ機構と、
電気的な接点を含んでいます。ボタンを押すと接点が閉じて回路が完了し、
ボタンから手を離すと復元力によって接点が開いて回路が切断されます。
この単純な動作原理により、ON/OFF操作を直感的に行うことができます。


プッシュスイッチの特徴



プッシュスイッチの種類


モーメンタリースイッチ

ボタンを押している間だけ回路が閉じるタイプです。ボタンを離すと回路が開きます。


ロッキングスイッチ

ボタンを押すと回路が閉じ、もう一度押すと回路が開くタイプです。切り替え動作によりON/OFFが保持されます。


押しボタンスイッチ

一般的なプッシュスイッチで、モーメンタリーやロッキング機能を持つことができます。様々なアプリケーションで使用されます。


プッシュスイッチの種類と特性比較

種類 機能 用途
モーメンタリースイッチ 押している間のみON 一時的な操作、信号送信
ロッキングスイッチ ON/OFFの状態保持 設定の切り替え、パワースイッチ
押しボタンスイッチ モーメンタリーまたはロッキング 広範囲な一般用途


プッシュスイッチの選定ポイント



プッシュスイッチの応用例


プッシュスイッチは、電子機器の操作パネル、産業機器のスタート/ストップコントロール、
家庭用機器の機能選択など、非常に多くの場面で使用されています。
簡単で直感的な操作性が求められるあらゆるアプリケーションに適しています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
スイッチ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る