エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | スイッチ

ロッカースイッチ とは / Rocker Switch 


■

ロッカースイッチとは

ロッカースイッチは、スイッチの一部がロッキングアームのように動くことでON/OFFを切り替える操作を行うタイプのスイッチです。
その名前の由来となっているロッカー(揺り動かす)動作により、ユーザーは簡単に操作状態を変更できます。

家庭用機器、オフィス機器、産業機器など、幅広い用途で採用されており、特に電源スイッチとしての使用が一般的です。そのシンプルな構造から、使い勝手が良く、耐久性にも優れています。


基本原理


ロッカースイッチは内部に接点を持ち、スイッチの片方を押すことでその接点がONまたはOFFの状態に変わります。
この動作により、電気回路の開閉が行われ、装置の動作状態が制御されます。
通常、片方が窪んでいる状態で固定され、もう一方を押すと反対側が窪み、状態が切り替わる仕組みです。


ロッカースイッチの特徴



ロッカースイッチの種類


単極単投(SPST)

最もシンプルな構造で、ON/OFFの切り替えのみを行います。


単極両投(SPDT)

一つの入力を二つの出力に切り替えることが可能なスイッチです。オンの状態が一方にしか存在しません。


複極単投(DPST)

二つの回路を同時にON/OFF切り替えることができます。一つの操作で複数の回路を制御できるため、効率的です。


複極両投(DPDT)

二つの入力をそれぞれ二つの出力に切り替えることができる複雑なスイッチです。より高度な制御が求められる場合に使用されます。


ロッカースイッチの種類と特性比較

種類 機能 用途
単極単投(SPST) ON/OFF切り替え シンプルな電源スイッチ
単極両投(SPDT) 1入力を2出力に切り替え 機能選択スイッチ
複極単投(DPST) 2回路の同時ON/OFF 電源スイッチ、安全スイッチ
複極両投(DPDT) 2入力をそれぞれ2出力に切り替え 複雑な回路制御、逆転スイッチ


ロッカースイッチの選定ポイント



ロッカースイッチの応用例


ロッカースイッチは、家庭用機器の電源スイッチ、産業機器の操作パネル、車両の制御スイッチなど、
多くの場面で直観的かつ確実に操作が行える要素として採用されています。
その使 い勝手の良さから、新しい機器の設計にも頻繁に選ばれています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
スイッチ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る