■

SAWデバイスとは


SAWデバイス(Surface Acoustic Waveデバイス)は、表面弾性波を利用した電子部品で、
特定の周波数で振動する表面波を生成し、その波を用いて信号のフィルタリングや周波数制御を行います。

このデバイスは、携帯電話のRFフィルタ、無線通信機器、テレビのチューナーなど、
高周波数の信号処理が求められるアプリケーションで広く使用されます。
高精度なフィルタリングと信号伝送の向上に貢献し、電子機器の性能の向上に不可欠な役割を担っています。


基本原理


SAWデバイスの基本原理は、圧電効果を利用しています。
圧電材料の表面にインターデジタルトランスデューサ(IDT)を配置し、電圧を加えることで表面波を発生させます。
この表面波はデバイス上を伝搬し、フィルタリングや遅延線などの機能を実現します。


SAWデバイスの特徴



SAWデバイスの特性と用途比較

種類 周波数範囲 特徴 適用例
SAWフィルタ 100MHz〜2.5GHz 高い選択性、小型 携帯電話、無線LAN
SAW発振器 300MHz〜1GHz 安定した周波数 通信機器、測定機器
SAWリゾネータ 433MHz、868MHz 単一周波数 リモコン、無線セキュリティ


SAWデバイスの選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る