エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | トランス

信号トランス とは / Signal Transformer 


■

信号トランスとは

信号トランスは、主に低電圧の信号を伝送するために使用される変圧器です。
オーディオ信号や通信信号の絶縁、インピーダンスのマッチング、バランス/アンバランス変換など、
様々な目的で利用されます。


基本原理


信号トランスは電磁誘導の原理を利用して信号を一つの回路から別の回路へと伝送します。
この過程で、信号の絶縁、レベル調整、インピーダンスの変換が可能になります。


信号トランスの特徴

信号の絶縁

異なる電源間で信号を伝送する際に、互いの回路を絶縁し、干渉やノイズを防ぎます。

インピーダンスマッチング

信号源と負荷間のインピーダンスを適切にマッチングさせ、信号の伝送効率を最適化します。

バランス/アンバランス変換

バランス信号をアンバランス信号に、またはその逆に変換し、使用する機器に適した形式にします。


信号トランスの主な種類


種類 特徴 一般的な用途
オーディオトランス オーディオ信号の伝送に特化したトランス。 マイクロフォン、スピーカー、オーディオインターフェース
通信トランス データ通信や通信機器に使用されるトランス。 モデム、ルーター、ネットワーク機器
インピーダンストランス インピーダンスのマッチングを目的としたトランス。 オーディオ機器、無線通信機器


信号トランスの選定ポイント



信号トランスの応用例


信号トランスは、プロのオーディオシステム、放送機器、通信インフラなど、
信号の品質を保ちながら安全に伝送することが必要な多くの分野で活用されています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
信号トランス





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る