エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | リレー

無接点リレー とは / Non-Contact Relay 


■

無接点リレーとは

無接点リレーは、物理的な接点を持たずに電気信号を制御する半導体デバイスです。
主に半導体素子、特にトランジスタやサイリスタ、光カプラを利用しています。
接点の摩耗や接触不良がないため、長寿命で信頼性が高く、高速動作が可能です。


基本原理


無接点リレーでは、入力信号によってLEDを点灯させ、
その光をフォトトランジスタが受光することで出力を制御します。
このプロセスにより、入力と出力の電気的隔離が達成されます。


無接点リレーの特徴


高速動作

物理的な動作がないため、非常に高速なスイッチングが可能です。


長寿命

摩耗する部品がないため、寿命が非常に長くなります。


信頼性の高さ

接触不良のリスクがなく、安定した動作が期待できます。


電気的隔離

光絶縁により、高いレベルの電気的隔離を実現します。


無接点リレーの応用



無接点リレーの選定ポイント


耐電圧と耐電流

使用する回路の電圧と電流に対応できるかを確認します。


動作速度

要求される応答速度を満たす製品を選ぶことが重要です。


絶縁性能

必要な絶縁レベルを満たしているか、特に注意が必要です。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る