エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電気部品 | ノイズ対策製品

スパークキラー とは / Spark Killer 


■

スパークキラーとは

スパークキラーは、電気機器のスイッチング操作時に発生するスパーク(火花)を抑制するためのデバイスです。
スイッチの開閉時に生じる過剰な電圧によるスパークを減少させることで、
接点の消耗を防ぎ、電子機器の信頼性と寿命を向上させます。

主にリレーやスイッチ、コンタクターなどのスイッチングデバイスに使用され、電磁ノイズの発生を低減させる効果もあります。


基本原理


主に過電圧を抑制するための抵抗とコンデンサから成るRC回路、または
バリスタダイオードなどの半導体デバイスを使用しています。
これらのコンポーネントは、スイッチの開閉時に発生する過電圧を吸収・減衰させ、スパークの発生を抑制します。


スパークキラーの特徴


接点保護

スイッチング時のスパークを効果的に抑制し、接点の磨耗や溶着を防ぎます。
結果としてメンテナンスコストが削減され、特に頻繁な操作が必要な機器の寿命を延ばします。


ノイズ低減

電磁ノイズを低減させることで、電気通信の品質が保たれ、通信エラーのリスクを減少します。
これは通信機能が重要な機器での安定した動作に貢献します。


信頼性向上

機器全体の信頼性と耐久性をスパーク抑制を通じて向上させます。
機器のダウンタイムが減り、長期間安定した性能の維持が可能になります。


簡単な取り付け

設計が簡単で既存の電気機器にも後から追加しやすく、専門的な技術知識なしで導入が可能です。
これは既存設備の性能向上に直接役立ちます。


また、バリスタダイオードを使用したスパークキラーもあり、
これらは特定のしきい値以上の電圧を感知すると導通し、過電圧を安全に逃がすことでスパークを減少させます。


スパークキラーの種類


スパークキラーには、RCネットワークタイプ、バリスタタイプ、ダイオードタイプなど、様々な種類があります。
適用されるアプリケーションや要求される性能に応じて最適なタイプが選定されます。


スパークキラーの選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ノイズ(EMC)対策製品





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る