エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | クリップ

テストクリップ とは / Test Clip 


■

テストクリップとは

テストクリップは、電子回路や電子機器のテスト中に一時的に回路ポイントに接続するために使用されるクリップ型の接続具です。
測定器やテスト機器への接続を容易にするために設計されており、手を使わずに回路に安定して接続できるため、
効率的なトラブルシューティングやデータ収集が可能になります。

様々なサイズや形状があり、被測定物のピンやワイヤーに応じて適切なものを選択できます。
小型のSMD(Surface-Mounted Device)コンポーネント用の非常に小さなクリップから、
大きな電線や端子に対応するものまで幅広く、用途に応じて選ばれます。


テストクリップの特徴



テストクリップの種類


アリゲータークリップ

アリゲーターの口に似た形状をしており、一般的に電線や端子の接続に使用されます。


フッククリップ

小さなフックがついており、SMDコンポーネントやICのピンなど、細かい部分に接続するのに適しています。


ピンセットクリップ

ピンセットのように操作して使用し、非常に小さなSMDコンポーネントに接続するために設計されています。


テストクリップの種類と特性比較

種類 特性 用途
アリゲータークリップ 使いやすく汎用性が高い 一般的な電線や端子のテスト
フッククリップ 小型で精密な接続が可能 SMDコンポーネントやICのピンのテスト
ピンセットクリップ 非常に小さい部品のテストに最適 微小なSMDコンポーネントのテスト


テストクリップの選定ポイント



テストクリップの応用例


テストクリップは、電子工作のプロトタイピング、電子機器の修理、教育用の実験、製造ラインでの品質検査など、
様々な場面で使用されます。特に、迅速かつ正確な測定が求められる研究開発や品質管理の現場で重宝されています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
クリップ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る