エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他 | その他

チェックピン とは / Check Pin 


■

チェックピンとは

チェックピン、またはチェック端子、テスト端子とも呼ばれ、
電子基板や回路内で、測定器を接続して電気信号の測定やテストを行うための接点です。

これらは、開発中の電子機器や製造後の品質検査、保守・修理作業時に、
特定の電気的パラメータ(電圧、電流、信号の有無など)を確認するために使用されます。
小さな金属製のピンやパッド形状をしており、マルチメーターやオシロスコープのプローブなどを
接続しやすくすることで、効率的かつ正確な測定を支援します。


チェックピンの主な種類


固定式チェックピン

基板上に恒久的に設置されるチェックピンで、いつでも測定点としてアクセスできます。


取り外し可能なチェックピン

一時的なテストやプロトタイプの段階で使用され、必要に応じて取り付けられるチェックピンです。


スプリング式チェックピン

測定器との接触を確実にするためにスプリングメカニズムを備えたチェックピンで、より安定した接続が可能です。


チェックピンの選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
チェックピン





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る