エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 電子部品 | インダクタ(コイル)

可変インダクタ とは / Variable Inductor 


■

可変インダクタとは

可変インダクタは、そのインダクタンス(誘導性)を物理的に調整することで変化させることができるインダクタです。
周波数の調整やフィルタリング、チューニングなど、様々な電子回路で使用されます。


基本原理


可変インダクタは、コイルの巻数を変更するか、コアの材質を変えたりコアの挿入深さを調整することによって、
インダクタンス値を可変させます。このインダクタンスの変化によって、
回路の動作周波数やフィルタ特性を調整することが可能です。


可変インダクタの特徴


周波数調整の柔軟性

インダクタンスを調整することで、回路の共振周波数を簡単に変更できます。


信号品質の向上

適切なインダクタンス値に調整することで、信号の品質を最適化し、ノイズを低減できます。


多様な応用

無線通信、オーディオ機器、放送機器など、広範囲のアプリケーションで使用されます。


可変インダクタの主な種類


種類 特徴 一般的な用途
巻数調整型 コイルの巻数を物理的に変更してインダクタンスを調整。 RF回路のチューニング
コア挿入型 可動式のフェライトコアを用いてインダクタンスを調整。 フィルタ回路、発振回路


可変インダクタの選定ポイント



可変インダクタの応用例


可変インダクタは、特にRF(無線周波数)技術を用いたアプリケーションで重宝されています。
無線送信機や受信機のチューニング、高性能オーディオ機器、医療機器の精密なフィルタリング回路など、
多岐にわたる分野でその柔軟性と性能が活かされています。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。








エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る