エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 機構部品 | コネクタ

電源コネクタ とは / Power Connector 


■

電源コネクタとは

電源コネクタは、電子機器に電力を供給するために使用されるコネクタの一種です。
これらは、機器の外部電源から直接電力を受け取るため、または異なる機器間で電力を転送するために設計されています。

その形状、サイズ、ピンの配置は多種多様で、用途や必要とされる電力の量、電圧レベルによって異なります。
一般的には、AC電源コネクタとDC電源コネクタの二つの大きなカテゴリに分けられますが、それぞれ特定のアプリケーション向けにさらに細分化されます。


電源コネクタの特徴



電源コネクタの種類


AC電源コネクタ

家庭やオフィスで一般的に使用される交流電源用のコネクタで、壁のコンセントと機器を接続します。


DC電源コネクタ

携帯電話やノートパソコンなど、直流電源が必要な機器用のコネクタで、充電器や外部バッテリーから電力を供給します。


ユニバーサル電源コネクタ

USBなどの標準化された形状で、データ転送と電力供給の両方を可能にするコネクタです。


電源コネクタの種類と特性比較

種類 特性 用途
AC電源コネクタ 高電圧対応、標準化された形状 家電製品、オフィス機器
DC電源コネクタ 低電圧用、サイズが小さい 携帯電話、ノートPC
ユニバーサル電源コネクタ データ転送と電力供給、汎用性 スマートデバイス、コンピュータ周辺機器


電源コネクタの選定ポイント



電源コネクタの応用例


電源コネクタは、家庭用の大型家電から、オフィスのコンピュータ、工場の産業機械、さらには野外で使用される建設機械や通信設備に至るまで、
あらゆる電気機器に電力を供給するために使用されています。正しい電源コネクタの選択は、機器の安全性と効率的な運用を確保するために不可欠です。




注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
電源コネクタ





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る