エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 半導体 | ダイオード

ツェナーダイオード とは / Zener Diode 


■

ツェナーダイオードとは

ツェナーダイオードは、逆方向の電圧が特定の値に達した時に逆方向に電流を流すことができる半導体デバイスです。
この特性を利用して、電圧を一定の値に保持することが可能であり、
電子回路における電圧の安定化や過電圧保護などに広く用いられています。

電圧安定化の役割を担うため、電源回路や信号処理回路など、さまざまな場面で重要な役割を果たします。

ツェナーダイオードは、そのブレークダウン電圧(ツェナー電圧とも呼ばれる)によって分類され、
用途に応じて適切なブレークダウン電圧を持つものが選定されます。


基本原理


ツェナーダイオードの基本原理は、
逆バイアス時に特定の電圧(ツェナー電圧)で電流が急激に増加する「ツェナー効果」という現象に基づいています。
この効果により、ツェナー電圧以上の電圧がかかると、ダイオードが逆方向に電流を流し始め、
電圧を一定に保つことができます。この特性を利用して電圧の安定化や制限が行われます。


ツェナーダイオードの特徴



ツェナーダイオードの種類と特性比較

種類 ツェナー電圧範囲 安定性 応用例
低電圧ツェナーダイオード 2.4V〜5.6V 高い 信号処理回路の安定化
中電圧ツェナーダイオード 5.6V〜12V 一般的な電源回路の安定化
高電圧ツェナーダイオード 12V以上 中〜低 高電圧回路の過電圧保護


ツェナーダイオードの選定ポイント





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
ダイオード





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

[ 関連情報 ] ダイオードってなに?

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る