エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | その他 | 無線モジュール

ZigBeeモジュール とは / ZigBee Module 


■

ZigBeeモジュールとは

ZigBeeモジュールは、低電力で長距離の無線通信を可能にするデバイスで、
ZigBee通信規格に基づいて設計されています。

この規格は主に、低データレートでの通信を必要とするアプリケーションに適しており、
スマートホーム、産業自動化、医療モニタリングなどの分野で広く使用されています。
ZigBeeモジュールはその小型で省エネルギーな設計により、
バッテリー駆動のデバイスやセンサーネットワークに最適です。


ZigBeeモジュールの基本機能


メッシュネットワーキング

複数のデバイス間で通信ネットワークを構築し、データの中継を通じて広範囲をカバーします。


省エネルギー設計

非常に低い消費電力で動作し、長期間にわたるバッテリー寿命を実現します。


セキュリティ

AES暗号化を使用した安全なデータ通信をサポートします。


ZigBeeモジュールの特徴



ZigBeeモジュールの主な種類と特性

種類 通信距離 データレート 用途
標準ZigBee 約10-100m 250kbps 家庭内自動化、セキュリティ
ZigBee PRO 約100-200m 250kbps 産業自動化
ZigBee IP 約100m以上 250kbps スマートエネルギー管理


ZigBeeモジュールの使用上の注意





注意事項 及び 免責事項


上記の情報は参考情報であり、個々のアプリケーションに適用できるかどうかは保証されません。
また、フルタカパーツオンラインでは、
お客様の要望する仕様の製品のお見積り・ご注文に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。


販売ページはこちら
無線モジュール





エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る