エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

アナログ信号とは / Analog signal 



アナログ信号とは

アナログ信号とは、時間とともに連続的に変化する信号のことを指します。
物理量(音、光、温度など)をそのままの形で表現することができます。


アナログ信号の特徴

アナログ信号は連続的な値を取り、無限の情報を持つことができます。
そのため、細かいニュアンスを表現するのに適しています。


連続性

アナログ信号は、値が連続しており、どんな微小な変化も捉えることが可能です。


表現の豊かさ

アナログ信号は、音や光などの物理現象をより自然に表現できるため、表現の豊かさがあります。


アナログ信号の利点

アナログ信号は、細やかな表現が可能で、人間の感覚に直接訴える情報伝達が得意です。


直感的な理解

アナログ信号は、人間の感覚に近い形で情報を伝達するため、直感的に理解しやすいです。


高い忠実度

連続的な変化を捉えることができるため、高い忠実度で情報を再現できます。


アナログ信号とデジタル信号の比較

アナログ信号とデジタル信号は、それぞれに利点と欠点があり、用途に応じて使い分けられます。


特徴 アナログ信号 デジタル信号
信号の形式 連続的 離散的
ノイズに対する耐性 低い 高い
伝送時の品質低下 あり ほとんどない
情報の表現 無限の値を取ることが可能 0と1のビットで情報を表現
処理の容易さ 困難 容易

アナログ信号は、自然界の現象をダイレクトに表現する能力があり、特に音響機器や放送で重宝されています。
一方、デジタル信号は処理が容易で、情報の複製や伝送時の品質低下が少ないため、
コンピュータや通信技術で広く利用されています。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る