エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

アングルプラグとは / Angle plug 



アングルプラグとは

アングルプラグは、L字型または特定の角度に曲がっているプラグで、
限られたスペースや特定の向きでの接続が必要な場合に使用されます。
家電製品や音響機器、オフィスの機器接続に適しています。


アングルプラグの特徴

直角に曲がった形状が特徴で、壁や家具の近くでの使用、狭いスペースでの配線に便利です。


使用場所とアプリケーション

アングルプラグは、背面が壁にぴったりとした家具の裏や、狭いスペースでの電源接続に理想的です。
特に、AV機器やキッチン家電、オフィスのデスク周りでの使用が一般的です。


種類と選定基準

電圧や電流、プラグの形状など、使用する機器に適したアングルプラグを選ぶことが重要です。
形状は直角以外にも、45度など様々な角度があります。


アングルプラグの選び方


アングルプラグのメリット

スペースを有効活用できることに加え、プラグとケーブルが直角になることで、
ケーブルの折れ曲がりや断線を防ぐ効果があります。また、見た目がスッキリするため、室内の整頓にも貢献します。


比較表

特徴 アングルプラグ ストレートプラグ
形状 L字型または特定の角度 直線型
適用場所 狭いスペースや壁際 一般的な使用
ケーブル管理 ケーブルの折れや断線を防ぐ 簡単な接続が可能






エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る