エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

オーディオ信号とは / Audio signal 



オーディオ信号とは

オーディオ信号は、音を電気信号に変換したものです。生活の様々な場面で利用されています。
この信号は、音楽や会話などの音響情報を扱うために必要です。


オーディオ信号の基本

オーディオ信号にはアナログ信号とデジタル信号の二種類があり、それぞれ特徴があります。


アナログ信号

アナログオーディオ信号は、連続的な電気信号で音の波形を表現します。
昔ながらのレコードプレーヤーやカセットテープで使われています。


デジタル信号

デジタルオーディオ信号は、音の波形をサンプリングしてデジタルデータに変換したものです。
CDやデジタルオーディオプレーヤーなどで利用されます。


オーディオ信号の利用例



オーディオ信号の比較


特徴 アナログ信号 デジタル信号
表現方法 連続的 離散的
ノイズ耐性 低い 高い
利用媒体 レコード、カセット CD、デジタルファイル







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る