エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

電荷とは / Electric charge 



電荷とは

電荷は、物質が持つ電気的な性質の量を表す物理量です。
電荷には正の電荷と負の電荷の二種類があり、同種の電荷同士は反発し合い、異なる種類の電荷は引き合います。

電荷は電子や陽子などの素粒子によって運ばれ、これらの粒子の運動や相互作用が電気現象を生み出します。


電荷の特性

電荷は、その保存性、量子化、および相互作用の法則によって特徴づけられます。


保存の法則

孤立した系では、正の電荷と負の電荷の総和は一定であり、電荷は創造されることも消滅することもありません。


量子化

自然界に存在する電荷は、最小の単位である素電荷の整数倍で表されます。
電子一つの持つ電荷は、素電荷と呼ばれる基本単位を持ちます。


クーロンの法則

二つの点電荷間の静電力は、電荷の大きさに比例し、その距離の二乗に反比例します。
この法則は、電荷間の相互作用を説明する基本的な原理です。


電荷の応用



電荷の測定

電荷は、クーロンメーターと呼ばれる装置を用いて測定することができます。
また、電場や磁場の測定を通じて間接的に電荷を評価する方法もあります。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る