エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

電界発光とは / Electroluminescence 



電界発光とは

電界発光(Electroluminescence、EL)は、物質に電場を適用することで発光する現象です。
この効果は、電圧を印加した際に物質内の電子がエネルギーレベルを移動し、
元の状態に戻る際に光を放出することにより起こります。


電界発光の原理

物質に電圧を印加すると、電子や正孔が励起状態になり、これらが再結合する際に光としてエネルギーが放出されます。
このプロセスによって、LEDやELディスプレイなどのデバイスが発光します。


電界発光の応用


電界発光のメリット

電界発光技術は、低エネルギーで動作すること、薄型軽量で設計の自由度が高いこと、
均一な光を提供できることなど、多くのメリットがあります。


電界発光デバイスの種類

ELディスプレイ、LED、有機EL(OLED)など、電界発光を利用したデバイスは多岐にわたります。
それぞれが特有の特性を持ち、適した用途に応じて選択されます。


電界発光の将来

電界発光技術は、表示技術や照明技術の分野で革新を続けています。
特に、有機EL技術の進化により、より高画質で省エネルギーなディスプレイの開発が進んでいます。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る