エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

高周波信号とは / High frequency signal 



高周波信号とは

高周波信号は、電磁波の一種で、その周波数は通常、3MHz以上の範囲にわたります。
これらの信号は、無線通信、レーダー、放送、およびその他多くの電子機器で広く利用されています。
高周波信号の特性により、大気中を長距離伝播する能力や、特定の物質を透過する能力などがあり、
これが多様な応用を可能にしています。


高周波信号の特徴

高周波信号は、その周波数の高さにより、
直線的な伝播、良好な指向性、および小さなアンテナサイズでの使用が可能となるなど、特有の特徴を持ちます。


直線的な伝播

高周波信号は直線的に伝播するため、見通しの良い通信が可能ですが、障害物によっては容易に遮られます。


良好な指向性

指向性アンテナを使用することで、送信信号を特定の方向に集中させることができ、効率的な通信が実現します。


小さなアンテナサイズ

周波数が高いほど、効果的な放射を行うために必要なアンテナのサイズが小さくなります。
これにより、携帯電話や無線LANなどの小型デバイスに適しています。


高周波信号の応用例



高周波信号の課題

高周波信号の利用には、周波数の割り当てや干渉、伝播損失などの課題が伴います。
これらの課題に対処するために、技術的な工夫や規制が必要とされています。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る