エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

IoTデバイスとは / Internet of Things device 



IoTデバイスとは


IoTは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳されます。

IoTデバイスは、インターネットを介してデータを収集、送信、または受信することができる物理的なデバイスです。
これらのデバイスは、スマートホームから産業用アプリケーションまで、
日常生活のあらゆる側面を改善するために使用されています。


IoTデバイスの特徴



IoTデバイスの応用例


スマートホーム

照明、暖房、エアコンなどの家庭内アプライアンスをインターネット経由で制御します。


ウェアラブルデバイス

健康やフィットネスに関するデータをトラッキングし、ユーザーにフィードバックを提供します。


スマートシティ

公共の照明、交通管理、環境監視など、都市のインフラを効率的に管理します。


産業IoT(IIoT)

製造プロセスの最適化、資産の追跡、設備の予防保全など、産業用途での利用が進んでいます。



IoTデバイスの将来性

IoT技術の進展により、さらに多くのデバイスがインターネットに接続されるようになり、
私たちの生活や仕事をより便利で効率的なものに変えていくことが期待されています。

AIや機械学習との組み合わせにより、データ分析と意思決定がさらに進化し、
未来のスマートな社会の実現に貢献するでしょう。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る